やごとの家

未分類

やごとの家

築38年の最上階の部屋をリノベーションしたプロジェクト。 

大きな構成としては、現在アトリエとして使用している玄関と一体となった土間スペース、寝室と水回りをプランの中央にコンパクトにまとめた機能スペース、名古屋市の眺望が広がる南側に面したL D Kの3つゾーンに分かれている。 

L D Kはマンションの躯体形状を生かし勾配天井となっており、通常のマンションでは得ることのできない、空間の広がりを作っている。キッチンは無垢材を使った造作キッチンとなっており、家具のように空間の中に溶け込むようにデザインしている。 

アトリエは夫婦のライフスタイル、ライスステージの変化に合わせて、子供の遊び場や勉強の場所、必要となれば個室化をして、子供部屋とすることも考えている。 

リビングの横には大きめのヌックを設け、本を読んだり、ベンチとして使うことの出来る空間を設けている。ゲストが来た際にはヌックをカーテンで仕切りゲストルームとして使用することも可能となっている。 

大きなワンルームとして、フレキシブルに使える余白を作るのではなく、細かく区切り(仮)の場所を多数作ることで、様々な状況に対応可能な住宅を目指した。コロナによって、気付かされた先の見えなさ、大きく変動する状況に対して、これからの住宅は、機能を決定しないということが一つの選択肢であると考えた。 

2021.03/
house/
renovation
aichi/

h .tag
#土間
#コンクリート打放し

不動産・設計協力・施工/ full house
photo/ 朴の木写真室

012-1
012-1
011
011
016
016
015
015
022
022
027
027
014
014
020
020
017
017
019
019
023
023
010
010
028
028
021
021
029
029
026
026
018
018
030
030
032
032
031
031
009
009
008
008
024
024
001
001
002
002
005
005
007
007
006
006
004
004
003
003
025
025
previous arrow
next arrow

2021.03/
house/
renovation
aichi/

h .tag
#土間
#コンクリート打放し

不動産・設計協力・施工/ full house
photo/ 朴の木写真室